GEARS 5

発売日:2019/09/10

開発The Coalition

販売:Xbox Game Studios

日本語字幕有
エンハンスド対応:4K・60fps・HDR(4K 30fpsとHD 60fpsの選択式)
海外ではXbox Gamepass対応
レビュー時のプレイ時間:およそおよそ30時間(キャンペーンクリア済み、オンライン対戦のみ未プレイ)

【良かったところ】
各キャラクターの個性を前面に打ち出したシナリオ
 各自の葛藤、秘めたる想いなどが伝わってきてプレイにも熱が入る
 世代をつなぐストーリー、受け継がれるもの、そして失われるもの…一人一人の兵士たち(ギアーズ)に存在理由がしっかりとある
 ケイト、デル、そしてJD、彼らの旅に一区切りが付くシナリオ展開は予想を超えるものであり、6への期待が高まる
・ACTごとの環境の差がダイナミックでメリハリが効いている(4は全体的な印象が似通っていた)
・Xbox One Xでも4K, 60fpsを実現(最高!)
 美麗なグラフィックと怒涛のサウンドに魅せられる
・アクションシューティングとしてのストレスのなさ
 RTがメイン、RBがセカンダリ、Bボタンが近接攻撃と明確化されたことで武器をアレコレ取り替えても迷うことがなくなった
・環境を利用して敵と戦うことで、難易度を下げることができる(初見だと気付きづらいところもあるが)
・スキフ(ヨットのような乗り物)の操作は単純に楽しい
・デルはいいやつすぎる
・ジャックもいいやつ
・COGのメカが目立っていた前作に比べ、人間vsスワームの構造がわかりやすくなった
・マップ構造の立体感が増したことでダイナミックな演出が数多く見られた
 縦軸と横軸の使い分け、ミックス具合のセンスが良い
・ホードモードは若干テンポが良くなった(スカウト以外でもポイント回収を積極的にできるようになった)
 マップにギミックがあるものもあって変化させようという気持ちを感じる
・新モードのエスケープは思っていたよりもカジュアルに楽しめて良い
 短時間でギアーズらしさを満喫できる

【イマイチだったところ】
・エリアごとのボス戦はいつもあまり代わり映えがしない(こればアクションシューター系ビデオゲーム全体に言える問題なのでGEARS5だけの問題ではない)
大量の敵を打ち倒す、もしくは巨大な敵の弱点を繰り返し攻撃して倒す、このパターン以外もそろそろ欲しい
・シナリオ終盤のとある展開については眉をひそめる人もいるかも
・前作の重要キャラの1人である○○○○の扱いがあっさり過ぎる
・新キャラのファズに関してはもう少し掘り下げて欲しかった(DLCでJDとのエピソードなど追加されると嬉しい)
・キャンペーンは4人COOPしたかった
 欲を言えばジャック含めての5人が理想(シナリオ的に難しいが)
・箱庭マップに関してはシステム的には今ひとつ活かせてると感じなかった
 ただマップが広がっただけであまり意味を感じない
 一本道のシナリオをマップ上に点在させただけ
・CPU操作時のジャックが蘇生せずに敵にかかりっきりになり、ゲームオーバーということが多発した
 ある程度作戦指示を決めておけると良いのだが(回復優先とか攻撃優先とか)
・ホードモードはまだ改良の余地あり
 同キャラ使用ができないので何か救済策が欲しい(エスケープも同じ)
・野良エスケープは他プレーヤーとプレイスタイルが合わないと難易度がはね上がる
・エスケープのマップエディタにボス追加など機能の充実をはかって欲しい(まだベータなので今後に期待)

 

【まとめ】
全体的に見てギアーズ史上、いや、ここ数年のアクションシューターの中でも最高の出来ではないかと感じる。
シナリオ、グラフィック、サウンド、システム、全てが一級品。
前作をどう評価していたかにもよるかもしれないが4のキャンペーンが地味だと思っていた私にとって、今作はとてもドラマティックかつドラスティックだった。
シリーズでは3が一番好きなのだが、5はそれを超えるかもしれない。
ACTごとに変わる環境。
あらたな移動手段を得たことによるスピーディーな展開。
多数の新しい敵キャラ。
シリーズに新しい風を吹き込んだ一本だと思う。

欲を言うと『4でこのくらいわかりやすい変化が欲しかった』とも思う。
前作は主人公たちがCOGに反する組織に属していたこともあり、序盤は敵がCOGの兵器たちメインの展開で若干違和感を感じた方も多いのではないか。
今作は4を踏まえての対スワームという構図がしっかりしていて非常にわかりやすく、感情移入しやすい。
4あってこその5なわけだが、5をクリアした今となっては4がプロローグでしかなかったのではないかとさえ感じる。
そのくらい5の世界は広さと深さを兼ね備えている。

シナリオ面は一部キャラの扱いに関して疑問を感じる方もいるかもしれない。
また、このエンディングでどうやって次につなげるんだ?とも思うが、ここは開発の手腕に期待したい。
5を作り上げたチームならば当然この先は考えてあるはずだからだ。

ホードは若干テンポが良くなった。
4のホードはスカウトがポイントを回収するとボーナスがあったので、敵キャラを一匹残しておいてマップ上のポイントを回収するというのが定石と化していたため若干時間が余分にかかっていた。
しかし5ではキャラ問わず、敵を倒してから30秒以内にポイントを回収することでボーナスがつく。
また、ポイントでスキル(自キャラ強化)を付けられるようになったので、どんどん攻めに転じることができるようになった。
ただその弊害もあって、エンジニア職にとってはなかなかファブリケーターにポイントがたまらないという悩みも生まれた。

新モードのエスケープは思っていたよりも楽しめた。
敵地奥底に毒ガスを仕掛けスワームの巣を殲滅。
プレーヤーは毒ガスと敵の二重苦に悩みながら出口を目指す。
初期武器はハンドガンだけなので敵の武器を奪い、弾薬を拾いというサバイバルとスピードのマッチングが良い。
ホード同様にカードで自キャラの強化ができる。

最後に苦言を。
アルティメット版の先行リリース時よりサーバーエラーが頻発。
COOPのマッチングができない、途中で切断される、無限ロードに入る、集計エラーが出る(報酬はもらえた)などユーザーからの苦情が相次いだ。
オンラインゲームのロンチは安定しないものと思っている我々もさすがに文句を言いたくなったのが、オートセーブ関係のエラーだ。
クリアしたはずのチャプターがセーブされない、集めたはずの収集物が消える、などなどせっかくゲームが面白いのに、いやゲームが面白いだけにもったいない。
プレーヤー側はおもしろいので先に進めたい!でも落ちる、無限ロードになる、酷い時にはセーブが巻き戻される、これでは集中しろというのが無理な話。
9/10現在はだいぶ解消されたようだが、まだまだ不安は残る。
開発の方も全力で対応しているとはいえ、過去最高のゲームのロンチが過去最低な形で始まってしまったことに関しては反論できないだろう。

いろいろ文句を言ったものの、ゲームとしてGEARS5は最高に面白い。
これは間違いない。
ただ5から始めるとなるとさすがについていけない部分もあると思うので最低でも4を遊んだ上でチャレンジしていただきたい。
おススメです!

2019/09/10 中の人1号 ナヴェ

Copyright 2018 ハコイチバ. All rights reserved. 記事の内容、画像などの無断転載は禁止します

© 2023 by Saeko Fuyukawa.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。